2009年07月12日

貸金業務取引主任者 合格マニュアル

貸金業務取引主任者 合格マニュアル

日本屈指の資格合格専門家が公開する国家試験合格マニュアル!









新国家試験「貸金業務取引主任者」
の合格だけを目指す、合格マニュアルです。



この新規大型国家資格である『貸金業務取扱主任者』の合格を目指す

のであれば、初年度に拘りを持って下さい!



初年度『合格』に拘る理由として、、、

 とにかく合格基準が甘い!

 3日間程度の勉強で、必要な部分を覚えて合格が可能!

 複数回の受験が可能!

 一定多数の合格者が必要!



この重要な4つの得するポイントがあるからこそ、初年度の試験を正しく

攻略すれば、容易に合格が可能です。




そして、最後のポイントにあった、『ある一定多数の合格者が必要』である

チャンスを逃さないで下さい。


この資格で破たん業者を抑制するためにも、初年度は多くの合格者を出さな

ければいけません。



まさに、合格基準が甘い上に、多数の合格者を出すことが決まっているのが

初年度の“貸金業務取扱主任者資格試験”です。



だからこそ、ほとんどの受講者は何を勉強するか悩んでいる最中に、3日間の努力のみで
この大型国家資格の取得が出来ます。



3日間の努力だけで合格を目指したい方は、もう一つだけ重要なことを、

覚えておいて下さい。


 無駄な努力をしない!

ということです。


『無駄な努力をしない!』ことは、時間短縮して楽に合格を目指すだけではなく、

これこそが、合格率を最も上げる方法です。





『何を勉強したら良いのか、、、』

『民法、貸金業法、利息制限法、、、一体何をどこから勉強するべきなのか、、、』


こんな悩みは、全く不要であると断言できます。




合格率を高める『コツ』と『裏技』は、実はとても

単純な理屈です。



 試験で出題されるポイントだけを覚える!

 『合格』に必要のない箇所には、一切時間をかけない!



当たり前の行動を2つすれば、『貸金業務取扱主任者』の

合格を目指せます。





逆に、多くの受験者が陥っている時間のかけ方と、誤解があります。



多くの方が陥る、よくある誤解 <その@>

試験勉強をする上で、民法に時間を割く必要などありません。


『貸金業務取扱主任者』資格試験で、全50問中の約30問が貸金業法だと

いうことは、既に多くの方が知っています。


ただし、ここに試験運営側の意図と、最低限の努力だけで合格する秘密が

隠されていることに気づいている方は、ほとんどいません。


「業務プロセスの規制である貸金業法をしっかり勉強して下さい。

それ以外の科目は、貸金業法の理解に必要な範囲で勉強して下さい。」

というのが、向こうのメッセージです。



わざわざ民法から始めたり、民法に多くの時間を割くのは、「受かればOK」の

観点からいうと、単なる莫大な時間を使っているだけでしかありません!





多くの方が陥る、よくある誤解 <そのA>

条文の暗記、勉強は必要ありません。


法律の勉強というと、よく見かけるのが条文です。


しかし、イチイチ条文を見るのは、「法律」を勉強するための理屈で、

「受かればOK」という受験対策に関していえば、単なる無駄に過ぎません。


条文を理解した上で整理するのは、我々講師の責任範囲であって、受験者に

押し付けるべき作業ではありません。
〜貸金業務取引主任者〜 合格マニュアル





純粋に合格することだけを極めた方法なので、驚くほど無駄な時間を

削減出来ます。


『合格すればOK』という拘りを持っていれば、無駄な時間の浪費はありません。


出題されない箇所は、全て省いて頂きます。


というか、そもそも勉強をする必要がありません。




とにかく、3日間の努力で「受かればOK」の考えからすれば、分厚い

書籍・参考書を読み返すのも、片っぱしから暗記する必要などありません。




『長い文章をひたすら読み込み、記憶すれば、いつか理解できるようになる』という

行動では、合格まで数年間を要します。



これは、法律を根本から、何年もかけて学習する方々のための理屈

でしかありません。




「受かればOK」という観点からすると、

そんな法律道の修行は不要だと言い切れます。




そもそも人間の脳に、文章がそのまま記録されることはありません。


短期間で、しかも確実に記憶させるためには、図や表という形式で整理された

ビジュアルな知識を暗記する以外にありません。



逆に言えば、合格に必要な箇所だけを、図解を使って理解さえすれば、資格の

取得は可能だということです。




この国家資格を取得すれば、月収1,000万円獲得さえも可能だと

ご存じな方は意外に少ないです。



『貸金業法』の改正までに、全ての貸金業者、しかも全営業所等が、この国家資格を

保持する貸金主任者が必須となります。



まさに、残りわずかな時間で、対応できなければ廃業を意味します。



貸金業・金融業を取り巻くこのような状況から、貸金業者の方にとっては、

最初で最後のチャンスです。



大型国家資格試験において、合格率が100%になるはずはありません。



更に、一般的な『貸金業務取扱主任者』資格試験対策のテキストでは、膨大な

量を丸暗記する法律学習タイプです。



『とにかく合格すればOK』という、割り切ったテキストはなかなか存在しないため、

多数の不合格者が出ることになります。



その結果、数多くの業者が廃業に陥ると予想されます。



この非常事態こそが、月収を大きくアップするキッカケになります。



業者が廃業していく中、貸金業で独立すれば、まさに月収1,000万円を手に入れる

大チャンスとなります。



100年に一度の大不況である今だからこそ、注目されている貸金業です。



その貸金業でライバルが廃業していく中、この『貸金業務取扱主任者』さえ

取得すれば、利益が見込めることは言うまでもありません。



独立すれば、月収1,000万円のチャンスとなると、先ほど伝えましたが、事実、

この非常事態において、それ以上の月収も充分に見込めます。




それだけポイントとなる資格ですから、独立しなくとも、この大型国家資格を

取得することで、月収の大幅アップなど金銭的な大きなメリットがあることは

分かっています。




一度取得すれば、金銭的なチャンスとなる国家資格です。



重要な資格だからこそ、確実に試験に合格する必要性が高いと言えます。




一般的な頑張って片っぱしから記憶する勉強法と、『合格すればOK』という

理屈に基づいた方法に大きな違いがあるからです。



短時間の勉強で、しかも高確率で合格するには、あなたの予想を覆す勉強内容が

必要となります。



 図解を通して本質から理解する

 短時間で記憶するビジュアル重視型の方法

 重要箇所の重点的の暗記

 不要勉強箇所の一切の切り捨て

 「とにかく覚える」を前提とした勉強法からの脱却



まず、受験勉強を思い返してみて下さい。


何年もかけて、いくら学校の教科書だけを片っぱしから記憶しても、超一流の

入学試験に合格することはありません。



特別なプログラムで、効率を求めた方法が必須です。



今回の新国家試験である『貸金業務取扱主任者』も同様のことが言えます。



とにかく合格をしたい!という強い想いがあれば、専門家による対策が

必要だというだけのことです。


特に、『貸金業務取扱主任者』は、注目される大型国家資格とは言え、

専門家からすれば「傾向」と「対策」が容易に判断出来ます。

だからこそ、3日間という短い準備期間にも関わらずに、ほぼ100%という

合格率が可能だと言い切れるのです。
〜貸金業務取引主任者〜 合格マニュアル








貸金業務取引主任者 合格マニュアル

日本屈指の資格合格専門家が公開する国家試験合格マニュアル!
posted by 貸金業務取引主任者 at 08:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
貸金業務取引主任者 合格マニュアル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。